ウォーターサーバーの水の種類を比較したいときは

バナー

ウォーターサーバーの水の種類を比較したいときは

水道水よりも美味しくて、安全に飲める水をキープしたいと思うなら、ペットボトルの水を購入するよりも、ウォーターサーバーを使うようにしましょう。
ウォーターサーバーを自宅に取り入れるときは、まず最初に水の種類を比較しなければなりませんが、天然水とRO水の2種類があるので、どちらを選ぶべきかについては、家族とよく話しあってから決めるようにしてください。山の湧水など、特定の水源から業者が採水された地下水のことを天然水といいますが、味については申し分ないので、水道水とは比べ物にならないほどのまろやかさや、美味しさを味わえます。



もちろん採水した天然水をそのまま送ってくるのではなく、採水後に加熱したり、殺菌や除菌濾過などもきちんと行っているので、不純物は含まれておらず、赤ちゃんから高齢者まで、誰でも安心して飲むことが出来ます。



天然水と比較すると、RO水は人工的な水になります。

採取した水にフィルターでRO膜処理を施した水で、不純物は完全に除去されていますから、限りなく純水に近く、カルキや塩素、大腸菌、ダイオキシン、ホルムアルデヒド、水銀なども混ざっていないので安全に利用出来ます。ただし美味しさのポイントとなる、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分も取り除かれているため、味はいまいちなので、ミネラルを添加してから出荷している業者がほとんどです。



ウォーターサーバーとしての安全性はどちらも変わらないので、天然水とRO水をじっくり比較して、利用したいと思う方を選ぶとよいでしょう。