ウォーターサーバーの日本と欧米での比較

バナー

ウォーターサーバーの日本と欧米での比較

ウォーターサーバーは日本でも家庭レベルにまで流通するようになってきていますが、その先を行っていたのはアメリカやヨーロッパです。もともと日本に比べても健康志向が強いことから、より早く水を良い物にすることのメリットに気づいてウォーターサーバーが流通していたという状況があります。

もともとアメリカやヨーロッパでは水が硬水である地域が多いというのも影響があり、水道水を飲むということに抵抗感があったり、赤ちゃんに飲ませてお腹を壊してしまうことがあったりするという問題がありました。



そのため、アメリカやヨーロッパではRO水を家庭で手に入れやすくするために導入したというケースが多いのが特徴です。


日本において天然水が人気なのに比較するとより現実的に必要に迫られていたというのが事実となっています。しかし、現代の健康志向の動きによってRO水だけでなく、他の水も注目されるようになってきました。


しかし、日本と比較して異なるのはミネラルウォーターが人気であるということです。

アメリカやヨーロッパでは日本に比べてもミネラルを添加してあることに対して抵抗感がなく、成分がはっきりとしていて健康効果が高いと期待されるミネラルウォーターの方が天然水よりも人気があるのです。



天然由来であるということを重視する傾向がアメリカ人やヨーロッパ人に比較して強い日本人との国民性の違いがウォーターサーバーの好みにも表れていると言えるでしょう。